歯科医になる方法

ホームへ戻る >  飲料を通販で買うメリット  > 歯科医になる方法

過剰問題も指摘されるようになっている歯科医。しかしもちろん誰でも簡単になれるような仕事ではありません。歯学部で所定の課程を修了し、国家試験に合格した上ではじめて資格を得ることができる職業です。


では歯科医になるためにはどのようなルートを経る必要があるのでしょうか。まず高校卒業後、歯学を学ぶ必要があります。大学の歯学部か、歯学大学に入学することになります。最大のポイントは6年制だということ。資格を取得するためには高校卒業から最低でも6年がかかるわけです。カリキュラムの多さだけでなく、経済的な負担の多さも大きな問題となります。


6年制の過程を終了してはじめて国家試験を受験することができます。晴れて合格すれば資格を得ることができるのですが、その後すぐに仕事に従事できるわけではありません。1年間の臨床研修が必要となります。この間に治療の現場で経験を重ね、必要な実践的な知識と技術を身につけていく必要があるわけです。

この臨床研修を終えてようやく一人前として現場に出ることになります。大学病院や国公立の病院のほか、非常勤の歯科医としてあちこちの医院を掛け持ちして働く場合もあります。環境こそ異なれ、ほとんどの場合自分で開業するのが最終的な目標となります。


このように、決して楽なルートではなく、時間と手間をたっぷりとかけてはじめて歯科医になることができるのです。わたしたちの健康に非常に密接に関わる仕事だけに、最低限の知識や技術を身につける必要があるということなのでしょう。