甘い味のクリーニング剤

ホームへ戻る >  地元の木材でつくる住宅  > 甘い味のクリーニング剤

6歳~12歳の時期に乳歯から永久歯へと生え変わりますが、乳歯の時期の歯並びやあごの発達が未熟だと永久歯にも影響を及ぼしてしまいます。千葉にある歯医者さんでは子供の頃からの矯正を勧めているところがあります。子供の歯の矯正は器具の装着に慣れることが難しいようですが、歯並びの悪さは子供心にコンプレックスに感じてしまうこともありますので、親が責任をもって観察してあげる必要があります。あごを広げる治療にはバイオネーター、歯を動かす装置はブラケットが一般的です。金属やプラスチック、セラミックの種類があり、着脱式のものと固定式のものが選べます。千葉の歯医者さんでは強度や費用、審美によって患者さんにあった装置を選ぶことができます。

ブラケットでの矯正は徐々に歯を動かしていく治療で長い期間がかかりますので、その間は毎食後の歯磨きや歯のケアが重要となります。矯正中に虫歯にかかると矯正を一時中断して治療を行いますので、余計に時間や手間がかかってしまいます。子供の矯正を勧めている千葉の歯医者さんでは矯正の装置を外して歯のクリーニングをする際に、チョコレートやフルーツなどの甘い味のするクリーニング剤をそろえているところもあり、子供には人気があるようです。