地元密着の工務店で家づくり

ホームへ戻る >  一度、自分の目で確かめてみましょう  > 地元密着の工務店で家づくり

日本には四季があり、四季があることによるすばらしい恩恵も数多く受けていますが、夏のとても暑い日、冬の寒い日を心地良く過ごすにはというところには問題が残ります。春や秋のような心地よさの温度で過ごせるといいですよね。地球温暖化の問題もあり、ガンガン冷房や暖房をかけて過ごすような暮らし方ではなく、地球環境のことも考えた家作りをしたいと思っている方は増えてきているのではないでしょうか。

自分の家作りに対する思いをこと細かに現実してくれるのは地元の工務店での家作りなのではないかと思います。岡山の工務店で注文住宅を建てるなら、地元に密着の工務店をお薦めします。大手工務店にも負けない、とても気持ちの良い家を建ててくれる工務店が数多くあります。建材は自然素材のものにこだわり漆喰、珪藻土、和紙、土、石といった素材を用い、木の良さ(檜は岡山、スギは徳島、ヒバは函館から)がふんだんに伝わる設計、デザインを追及しています。シックハウスとも無縁です。

そして夏は涼しく、冬は暖かくを実現させるために、夏と冬によって陽射しの室内への入射や風の取り込み方を工夫したり、外断熱を取り入れたりすることで、可能になってきました。冬でも家中寒いところは無く、夏でも家中熱気のこもってしまっているところは無いわけです。100年後孫の代まで気持ちよく住める住宅を建ててくれる工務店もあるのです。