家を建てる前に土地について知っておくことが大切です。

ホームへ戻る >  風土に合った一戸建ての家で快適にくらす  > 家を建てる前に土地について知っておくことが大切です。

石川県は、日本海側に位置し、北陸地方の中心的位置にある南北に細長い県です。東は富山、南西は福井、南東は岐阜県に接しています。気候は日本海岸式気候で降水量が多く、金沢で年平均2470ミリメートル、とくに積雪を含む冬の降水量が多いことが特徴です。

しかし能登半島は北に位置しながらも積雪はあまり多くありません。

しかし能登は古くは海上交通が発達したものの、冬は交通途絶に近い状態だったため、近代的な海上交通の発達が出来ずに、僻地性を濃くしてしまったことで、現代では過疎地となってしまっています。一方南側の金沢を中心とする地域は、積雪量が多い地域ですが、江戸時代は繊維産業で栄え現代は機械工業やコンピューター関連の電気工業が盛んです。古くは地形の関係から、交通手段が乏しかったものの、現代では鉄道、航空、自動車などの交通機関が発達しています。

石川県は金沢平野をJR北陸本線が縦断していることもあり、この沿線に商工業が発達したことにより、この周辺に人口が集中していて、一戸建てが多くあるのもこの地域です。石川県に一戸建てを建ててすむ場合一番の人気の地域は、やはり金沢市です。その他は石川郡や白山市、小松市といった地域です。人気の路線はJR北陸本線で一戸建てを考える場合はこの路線の周辺が中心となってきます。