住みやすさ日本一

ホームへ戻る >  風土に合った一戸建ての家で快適にくらす  > 住みやすさ日本一

県内で人口が多い地域は福井市、越前市、鯖江市となっています。県内で人口が多い地域は福井市、越前市、鯖江市となっています。

そして家を建てる場合の人気地域となるとこの3つの市以外に、敦賀市が加わります。この県は「住みやすさ日本一」の評価もあります。そして県がUターンやIターンを推進していることもあり、定住することを決めた人が一戸建てを建てて住むこともあるようです。

またこの県は持ち家率が全国3位、延べ床面積は全国2位という結果からも、大きな家を持つことが良いとされる風潮があります。夫婦共働きの世帯も多いため若い世代でも家を持つことが多いです。福井県で家を持つ場合も建売を買ったり、住宅展示場で選んだり、工務店などで好みの家を建ててもらうこととなります。工務店を選んだ人は両親の勧めだったり、地元の業者にお願いしたかったということが多いようで、特に良い点は建てている現場を見ることが可能なことのようです。

また福井県の嶺北地方では特に雪が問題になります。外観だけでなく家は長く住むことを前提としたものなので、土地特有の条件も考慮する必要があります。工務店や建築士などに依頼する時は信頼関係を築くことが大切です。大手の会社の場合は、アフターサービスがしっかりしていることを売りにしていることが多いです。