大きな一戸建てが立ち並んでいる場所

ホームへ戻る >  風土に合った一戸建ての家で快適にくらす  > 大きな一戸建てが立ち並んでいる場所

愛知県愛知県は本州の、太平洋岸のほぼ中央に位置する県で、尾張地方、西三河地方、東三河地方の3つの地域から構成されています。尾張と西三河の2つの地域は江戸幕府を開いた徳川家康を初めとして、戦国武将を多く出した地域としても有名です。

西三河には、トヨタ自動車を筆頭として自動車産業が集中しています。尾張には三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、IHIエアロスペース、東レといったメーカーの生産拠点が集中しています。また東京、大阪に次ぐ国内第三の経済文化都市です。人口は約7400000人、面積は5164.06km²です。地形面積比は山地が45%、丘陵が15%、台地が15%、平野25%で、可住地面積は56%あります。気候は、冬季は快晴日数が多く、一部地域を除き、降雪もほとんどみられず一般に気候温和で住みよいです。

愛知県にある高級住宅地と呼ばれる一戸建てが立ち並ぶ場所は、東区の白壁がシラカベーゼという言葉もあるほどに有名ですが、瑞穂区、昭和区などにも大きな一戸建てが立ち並んでいる場所があります。

他にも中区、名東区、中村区といった地域も人気があります。このような結果からも愛知県で一戸建てを建てるのであれば、名古屋市内が人気の高いエリアが多いと考えられます。